既婚者同士で初対面セックスするテクニック

既婚者は独身と比べて、メールできる時間も数も限られていますよね。できればメールできた相手と確実に出会いたい、更に欲を言えばセックスまでいきたい・・・。出会いはもちろん、セックスまでもあまり時間を掛けたくない既婚者必見のコツ・テクニックをご紹介。

既婚者同士で初対面セックスするテクニック

出会う前にメールで話し合っておく

出会い系サイトでは基本的に、男性が女性を誘うことが多いです。女性がセックスしたい!と誘ってくる事は限りなくゼロに近いので、積極的にそういう方向に持っていくのはいつでも男性の役割です。

よく出会い系サイトですぐ会いたいと言ったりセックスしようなどと言うと、女性に引かれてしまったり警戒されてしまうというイメージがありますよね。確かにそうなのですが、逆に全く会った後のことを話さないでいると、いざ会ったときに「そういうつもりじゃなかった」と言われる恐れがあります。

突然切り出すのはナシですが、全く話さないというのもナシなんですね。

出会っていい雰囲気になったとしてもセックスできない原因として「女性側の準備が出来ていなかった」という点が挙げられます。

まず心の準備
心の準備ができていないと、男女で1日の予定にズレが出てくるので、そんなつもりじゃなかった女性が初日はとりあえず帰りますということになってしまいます。

加えて身体の準備はイコール裸になる準備。
かなり具体的に言えば前日に毛を剃るだとかクリームを塗るだとか、もっと長いスパンだったら一番お気に入りの下着を着たいから洗濯日で調整・・・なんていう前々からの準備もあります。

思った以上に女性には準備があるので、男性は会う日の少し前からメールで匂わせておくことが大切です。

初対面セックスを匂わせるメールテクとは?

では具体的に、出会うまでにどんなメールの内容と流れを心がければ女性に対して初対面セックスを匂わせられるのでしょうか?

まずセックスの話題がある程度自然にできるようになるには、男女ではなく人と人として仲良くなるところから始める必要があります。既婚の女性は信頼感がない男性には心も身体も開きません。最初の3〜4日は当たり障りのない日常会話を楽しみます。

4日目辺りで少し距離が近づいてきたかなと感じたら、口説く感じで自然に女性を褒めていきます。ここでの褒め方は、こんなに話が合う女性は他にいなかった〜とか、数日話してみてすごく会いたくなってきたとか、あなたしかいないという口説き文句で軽く落とす感じです。

そして女性がいい気分になってきたらちょっと具体的な話へ。
会ったらずっと言ってみたかったお店があってね、とか、酔って楽しくお話したいなとか、夜デートのイメージを持たせます。

女性からも会うのが楽しみ〜という趣旨の返事をもらえたら、それだけでOKです。女性はお目当ての男と夜デート、というだけで色々しっかり準備をしてきてくれます。

いつでもメールできるという安心感を植え付ける

あなたが既婚者である場合(が多いと思いますが)、いつでもどこでも女性と連絡が取れるわけではないと思います。バレてしまっては元も子もないので出来るだけで構わないのですが、その出来る範囲でしっかり相手の女性とメール交換してあげて下さい。

「釣った魚に餌をやらない」なんていう言葉がありますが、女性は男に対してそういう不安を持っています。一度会うことをOKして連絡が少なくなったら、ただの身体目当てなのかも・・・って思っちゃうんですよね。

そういうことがないように、もう会えることが確約されていたとしても、会うその瞬間まではしっかりメールで連絡を取り合っておきましょう。

会う前のメールの役割は、ただ約束を取り付けるだけの道具ではありません。どちらかというと会いたいと思わせるためのもの、そして会ったときにすでに信頼してもらうためのものです。女性にとっては信頼感と安心感が、初対面でもセックスしても良いかな・・・と思える一歩なのです。

既婚者出会いの説明書 相互リンク集

既婚者出会いの説明書 ご案内

既婚者出会いの説明書 免責事項

既婚者出会いの説明書−ちょっとHな恋愛講座(以下当サイト)では、出会い系サイトの体験談やその他の内容やリンク先について一通り厳しく審査した上で掲載をしておりますが、万が一当サイトの情報を利用したことによって不利益やトラブルが生じましても当サイトは一切の責任を負うことができません。当サイトの情報を利用する際はご自身で判断されますようお願い致します。