メール代を安く済ませて出会う方法

既婚者が出会い系サイトを利用するとき、最も気になるのがメール代などのサイト利用料金。無料のサイトは怖いと聞くし、有料サイトでも安く済ませようとすると出会いが減ってしまうんじゃないか・・・という不安があります。
料金を安く抑えながら確実に女性の信頼を得て出会う方法とは?

メール代を安く済ませて出会う方法

既婚者にとってメール代節約は重要

同じ金額でも、結婚すると使うのを躊躇してしまうということはどの家庭でもあると思います。お小遣い制であろうが財布が別々であろうが、自分のために好きなだけお金を使うことは難しくなってきます。

限られた自由の中で、できるだけ良い思いをしたい!いい出会いをしたい!そのためには、物理的にメール代を節約する必要があります。

節約と言うとどうしても、無料サイトを選ぶとか安いサイトを選ぶとかそういったシステムの部分だけに目がいきがちですが、同じ与えられた環境の中でどうメールを送るのかという利用者側のテクニックも重要になってきます。

この出会い系は出会えるから別にお金払ってもいい、というのが一番もったいない考え方。出会えるサイトだからこそ、どこまでなら節約しても出会えるのかチャレンジしてみてほしいのです。そうしたらすぐにではないかもしれませんが、ある金額で1人としか会えなかったのが2人と会えるようになった!など、大きな結果に繋がってきます。

今現在出会い系を使っている人はもちろん、本当に出会えるんだろうか?いくらくらい掛かるんだろうか?と二の足を踏んでいる人は節約術が参考になると思います。

メール代をケチると出会えないのでは?

メール代を節約するということは、単純に考えてメールの数やメールできる期間の長さが減るということですよね。これは出会いの成功率に影響したりしないんでしょうか?

メール代を支払うのは一般的に男性側のみなので、必然的に相手は女性ということになります。女性は出会い系の男に何を求めているかというと、安心感・信頼感です。そして他人同士から安心感や信頼感を得るには、話す量や期間、つまりメールの量や期間が大事と言えます。

そうなると、やっぱりメール代をケチろうとすると女性と出会えないのでは?という心配が生まれますが、反対に量と期間を少なくしながら信頼度を上げる方法があれば万事解決とも言えます。

女性が男に信頼を感じる瞬間は、話をよく聞いてくれる、とっつきやすい、真面目、急かさないといった点です。つまりメールの内容で勝負すればいいのです。元々多くの男性は、効率の良くない内容と送り方をしていると言われているので、少し内容に気を付けて送ってみるだけで大分反応が変わってくると思います。

節約しながら出会えるメールの作り方

出会い系では数打てば当たる、これは間違っていません。しかし効率のいい方法とは真逆ですしお金もたくさん掛かります。数で当てることができないなら、内容で勝負するしかない!のですが、そうは言っても女性を惹きつけるメールなんてどうやって作ればいいか分からないですよね。

メールの送り方に関しては例文みたいなものをよく見かけますが、それよりも分からないなりの「素の自分」を出した文章を書くほうが女性ウケが良いです。

女性は相手がどんな人なのかが一番知りたい情報です。そしてそれを判断するのは、趣味や好きなものなども重要ですが、それよりもその人のメールの書き方や言い回し、メールを送ってくるタイミングなどのほうが大きいとされています。

極端な話、ビジネスメールのようなメールを女性から送られてきてもサクラか業者?と思ってしまいますよね。それと同じで女性も、男から完璧に作り込まれたようなメールを送られるよりも、たどたどしくて人間味のあるメールのほうがなんだか安心するのです。

早いうちに信頼されればその分早めに「会いたいな」と送ってもOKされる確率高。顔が見えない関係だからこそ、猫を被らないほうが思いが伝わりやすいのです。

既婚者出会いの説明書 相互リンク集

既婚者出会いの説明書 ご案内

既婚者出会いの説明書 免責事項

既婚者出会いの説明書−ちょっとHな恋愛講座(以下当サイト)では、出会い系サイトの体験談やその他の内容やリンク先について一通り厳しく審査した上で掲載をしておりますが、万が一当サイトの情報を利用したことによって不利益やトラブルが生じましても当サイトは一切の責任を負うことができません。当サイトの情報を利用する際はご自身で判断されますようお願い致します。